記事一覧

いつもとは違く記憶に残る年末年始を過ごそう!

今日は特別区経験者採用の最終合格発表でした。
早速2名の方より合格報告のメールをいただき、うれしい一日を過ごしています。
仕事との両立はなかなか思うようにいかず精神的に大変な毎日だったでしょうが、それでも合格したい!という強い思いを持ち続け努力を続けていたことを考えると、頭が下がる思いです。

さて、個別相談をしてくれている方や週間学習実績表を提出してくれている方々は、進んでいてもそうでなくても状況が把握できるだけに安心できますが、そうでない方については、一人で悩んでいるのでは?、と心配しています。

特に思うように学習が進んでいない方は、個別相談にお越しください。
今の状況や悩んでいること、不安に思っていることを声にだすだけで今の不安を解消させることができます。
担任に具体的にアドバイスを受けることでモチベーションが格段と上がります。
個別相談は各校舎に電話をすれば、可能日時がわかるようになっていますので、予約をお願いします。
ぜひ、ここまでは、皆さんが「行動」してください。

EYEでは、今からゼロからスタートした方でも、毎年高い確率で公務員試験合格を果たしています。
だから、皆さんは来年の公務員試験に十分に間に合います。
必ず!!!

さあ、これからクリスマスやお正月など楽しい時期を迎えます。
クリスマス、大晦日、元旦の三日間は、日頃応援してくれている家族や友人などに感謝をして、一緒に楽しく過ごしてもよいかと思います。
他は、ぜひ、ご自分の将来のための勉強を優先させてくださいね。

寒い毎日が続いています。
くれぐれも風邪などひかないように、体調には十分気をつけてください。
応援しています。

学習相談「科目の順番を教えて欲しい」

Q.お世話になっております。
10/14に入校をしましたWEB通信生の○○ともうします。
よろしくお願いします。
現在社会人で仕事を続けながら特別区を目指しております。
相談なのですが、
憲法、判断推理を見終わったあと、
どの科目を優先して視聴いけばいいか教えていただけますか?
他の人に比べて時間が無いので、絶対に必要な科目から順序づけていただけると幸いです。
お忙しいなか申し訳ございませんが、よろしくお願い致します。


A.○○さん、こんにちは。
質問、ありがとうございます。

ミクロ経済も並行して進めているということでいいでしょうか。

まずは一般的な流れを説明します。

◇判断推理→数的推理→文章理解→図形→資料解釈→人文科学、自然科学より得意科目を1科目(長期間、多くの時間を作れる方は苦手科目からの方がよいですが、短期間の方や忙しい方は得意科目で確実に得点できるようにもっていきましょう)

◇憲法→民法→行政法
*民法の講義回数は14回あるのですが、半分の7回終わったころに政治学を追加で学習をします。
政治学→行政学→社会学→社会政策→国際関係

◇ミクロ→マクロ→財政学

択一対策はこのような流れで進めて欲しいですが、民法は法律系の中で一番難しく、しかも14回も講義があるため、あまりにも時間が作れない方には捨てることをすすめています。
なので、民法を1、2回受講をして難しいと思った場合は、受講した分だけは復習、過去問を繰り返し、残りの回は後回しにして、もし後で時間が作れるようなら取り組むようにしてください。
*民法を捨てるという選択は、あくまで短期間で忙しい方へのアドバイスですので、正統派のやり方ではないですから、早くから始めている方は全て学習するようにしましょう。

◇小論文3回の授業を年内に見終えるようにしてください。
特別区の場合は、教養試験48問中40問選択、専門試験55問中40問選択の合計80問にマークをするのですが、今年36点しか得点できていない方で最終合格をしている方がいます。
理由は小論文がよく書けていたからです。
なので、万一択一で点数がとれない場合に論文でカバーできる可能性があります。
しっかり取り組んでいきましょう。

以上です。
メールでは明確に理解できないでしょうから、その場合は直接相談にお越しください。
電話で相談をすることもできます。
東京本校に電話をすれば、私の相談できる時間がわかるようになっていますので、予約をしてください。

では・・・応援しています。

EYE担任 法島早人

2018年公務員試験合格へ向けて・・・「12月末までの目標 パート3」

☆面接対策
面接の時間が作れるのは今です。勉強と並行して取り組んでいきましょう。


今~2月中旬 勉強と並行して面接対策
◇印象をよくする
明るく元気な表情、笑顔、大きくハキハキした声、清潔感のある身だしなみ・・・

◇コミュニケーション能力を向上させる
昼休みなど休憩時間に、その日の新聞やニュースで気になったことを話題にして受験仲間同士で考えをいったりしながら意見交換をしてみましょう。論文対策にもなります。
会話をする際には、「わかりやすく」ということも意識し、どのような流れで話すと今以上にわかりやすく伝えるかを考えるようにしましょう。

◇各官公庁、EYEで実施する説明会に参加をする。
説明会に参加する時間がもったいない、勉強した方がよいのでは?という質問がよくありますが、説明会に参加することで公務員になりたい気持ちが高まります、結果として勉強への意欲が増すため、さらに勉強がすすみます。
特にEYEでの説明会は移動時間は不要で1~1.5時間で終了するので、積極的に参加をしましょう。

◇第一志望の面接カードに書く内容を考える。
受験先の面接カードはEYEの各校舎で閲覧できるようになっています。
書く内容を把握したら、面接カードに書くのではなく、面接ノートを1冊作り、書きたいことをいくつも書き出していきましょう。
面接カードに書いていくとその枠内の自分しか表現できない人になってしまいます。
いくつも書き出して、その中から枠内に埋まるように考えると強い内容が書けるし、また質問された際にも、いくつも考えた中から答えることができます。

◇よく聞かれる質問の回答を考える。
自己PR、志望動機、学生(社会人)時代に力をいれたこと、最近関心のあること、趣味・特技、長所・短所)はよく聞かれます。

◇チューターゼミに参加をする。
今年の合格者が実体験をもとに、丁寧に指導してくれます。毎年合格体験記では「チューターゼミがよかった」と書いている方が非常に多いです。
有料のゼミですが、受講を検討しましょう。


2月中旬~一次試験日 面接対策は一旦中断
勉強のラストスパートに入ってしまうためです。
ただし、完全に中断するのではなく、やる気がない時は受験先のホームページで魅力などを探すとやる気が復活します。
なので、勉強のために取り組むのはOKです。
また、小論文は、その自治体に即した現状や問題や解決策を書くことで高い点数をとることができます。
自治体のホームページなどで調べることによって、小論文対策だけでなく強い志望動機を作るための作業も兼ねています。


一次試験日~ さらに面接対策を強化
強化のやり方については、本番が近づいてきた時にアドバイスをします。

今回のアドバイスは以上になります。

12月に入ると、クリスマス、お正月と遊びたい気持ちが先行しますが、今回だけはご自分の大切な将来のために毎日を過ごすようにしましょう。

応援しています。

2018年公務員試験合格へ向けて・・・「12月末までの目標 パート2」

☆復習、過去問(ダーウインなど)に取り組む時には次のことを意識しましょう。

・正確に理解する
何度も繰り返すと答えを覚えてしまい、理解したつもりになってしまいます。「解き方」が本当にわかっているか、しっかいり確認しながら進めましょう。

・スピード力をつける
本番では、制限時間内に多くの問題を解くことになります。スピード力を常に意識してください。問題集の余白にでもかかった時間を記入しておき、次同じ問題を解く際には前回よりも短い時間で解くことを意識することでスピード力をつけることができます。

・すぐ3回繰り返す
人の脳は同じことを3回繰り返すと、知識として定着できるといわれています。
自力で解けずに解説によって理解した問題をすぐ3回転してください。今→1時間後→翌日・・・これで自力で解けるようになっていれば、1週間後に最終確認で解いてみて、解くことができれば、完璧になっています。

・質問で克服する
3回繰り返し1週間後に最終確認をして解けない問題は、先生に質問をしましょう。先生に質問をすると記憶に残りやすいので、定着できます。
過去問(ダーウインなど)には問題ごとに難易度がでています。基礎レベルの問題で解説が理解できない問題も積極的に質問をしましょう。
あまりにも質問の多い科目は、個別授業でゆっくり丁寧に指導をうけると克服できる可能性が高まります。

2018年公務員試験合格へ向けて・・・「12月末までの目標 パート1」

受講生の皆さん、こんにちは。
学習の状況はいかがですか。
不安や焦りから、本当に自分の勉強が正しいのかを相談に来る方が増えています。

そこで今回は、12月末までに実行して欲しい目標をアドバイスします。


12月末までに次のことを実現しましょう。

☆受講を済ませる講義
数的処理14回(判断推理4回、数的推理6回、図形3回、資料解釈1回)
経済原論16回(ミクロ経済8回、マクロ経済8回)
 *教養のみの方は社会科学教養経済4回
憲法8回
以上の講義を受講し、復習、過去問(ダーウイン)1回転(以上)終了させてください。
ここまでできていれば、来年の5月上旬実施予定の特別区Ⅰ類や東京都Ⅰ類Bの試験に十分間に合います(来年度の試験日程は未発表のため、今年の日程より予測しています)。

12月末までは5週間です。
講義回数は合計で38回(教養のみは24回)。
今からゼロからスタートした方は、週に6回(一日1回、週に一日は受講しない)(教養のみは4回)ペースです。
でも、多くの方は、受講済みの講義が結構あると思います。
そうすると、かなり余裕のあるペースでこの目標は実現できます。


☆さらに次の2つを習慣化しましょう。
時事対策
新聞を読む(1面、社説、気になる記事)
参考書(速攻の時事、時事TheBestなど)一日1テーマ
ニュース番組15分~30分視聴
文章理解
1日1問、問題を解いて解説を理解するまでに10~15分
現代文と英文を交互に取り組み、たまに古文に取り組む


☆さらに可能な方
本命の試験の傾向によって変わります。例えば・・・

特別区志望の場合
民法14回のうちの7回
政治学4回
小論文3回

東京都志望の場合
憲法記述1回
憲法以外に専門記述で選択する科目の1~2科目の択一の授業を終了
*専門記述は最終的に5科目対策している合格者が多いです。
憲法は多くの合格者が取り組んでいます。
さらに合格者が進める科目は政治学、行政学、社会学になります。理由は他の科目に比べ対策をする論点が若干少ないこと、隣接 科目のため内容がかぶることもあり覚えやすいです。
私がすすめたいのは経済学です。難しい科目ですが、グラフなどとセットにして覚えやすいこと、万一書けない時に関連のある財政学で書ける可能性があること、深い知識を勉強することで択一の得点力が上がり、他の併願先の合格の可能性が高まるからです。
小論文3回

裁判所志望の場合
民法14回
憲法記述1回

ここまで進めることができれば、さらに余裕で本試験の日を迎えることができます。

公務員試験よりもカンタン!で 民間よりも低倍率!! 「公益法人」

先日のホームルームで公務員の併願としてすすめている「公益法人」についてアドバイスをしました。
参加できなかった方、参考にしてください。

公益法人をすすめる2つ理由

1.仕事の考え方
 仕事内容は、民間のような利益追求優先ではなく、ある業界や業界の従業員、家族を支
 援する仕事が多いです。
公務員を目指す理由の一つとして「多くの人の役に立ちたい」「社会に貢献したい」という考えを持っている皆さんにとっては、民間企業よりもやりがいを持って仕事ができるのでは、と考えすすめています。
2.負担が少ないこと
試験内容が公務員試験の対策で十分対応できるため、併願しやすくなっています。


調べ方
公益法人は、国や県、市が関係していますので、各省庁や自治体のホームページより調べることができます。

例えば、
文部科学省のホームページを開く→下段辺りにあるバナー「文部科学省関連リンク集」をクリックすると、文部科学省に関係のある法人を調べることができます。
財務省HP→右列「所管の法人」
環境省HP→右列「所管法人」
厚生労働省HP→最下段「他府省、地方支分部局へのリンク」
農林水産省HP→最下段「関連リンク集」
東京都HP→最下段「リンク集」
千葉県HP→最下段「リンク集」
というように、各省庁や自治体のホームペ-ジ内で、関連のある法人を調べることができます。

その中から興味のある法人は、個々のホームページをチェックすることで、仕事内容をより具体的に知ることができます。
本当に自分がやりたい仕事なのかを考えるようにしましょう。


採用情報・時期
入手方法
・電話
・各法人のホームページ内の「採用情報」を月1回ペースで確認する。
・新聞-どこの新聞でも週に1回就職の募集広告を特集しています。
・就職課-どのコーナーに公益法人の募集を掲示するのか、場所だけでも今のうちに確
認しておきましょう。
・就職サイト(リクナビ、マイナビ・・・)
  *既卒の方は、朝日新聞社のネット広告(http://www.asahi.com/job/)をおすすめします。
    トップ画面→職種で探す「公務・団体・一次産業」で探すこともできます。
    今年度の場合、5月~9月に多くの公益法人が実施されていました。

EYEの受講生がよく受験する法人の今年度の日程(2017年度)を一部紹介すると・・・
 ◇6月25日 文部科学省文教団体
  *以下の団体が同日に実施されました。
   択一試験は共通問題、論作文は団体によって違うテーマになっているようです。
    独立行政法人日本学生支援機構
    日本私立学校振興・共済事業団
    公 立 学 校 共 済 組 合
    独立行政法人日本芸術文化振興会 ( 国 立 劇 場 )
    独立行政法人日本学術振興会
    放 送 大 学 学 園
    独立行政法人日本スポーツ振興センター
    公益財団法人日本国際教育支援協会
    公益財団法人新国立劇場運営財団

 ◇7月2日 国立大学法人等

 ◇8月27日 地方公務員共済組合連合会


受験資格
 新卒採用が圧倒的に多いです。
 新卒であれば20~30ぐらいは受験できるところが見つかるかと思います。
 30才ぐらいまでなら10ほど、それ以上の年齢ですと「運良く見つかれば・・・」という状況ですが、それでも5法人ぐらいは受験のチャンスがあるかと思います。


試験内容 
 独立行政法人のように国が管轄する法人の場合は国家一般職の教養試験をやさしくした問題、自治体でしたらその自治体の上級の教養試験をやさしくした問題が出題される可能性が高いです。
願書などで、試験時間が120分となっていれば、公務員試験の教養試験の可能性が高いです。
60分となっていれば、民間の筆記試験で実施されているSCOAの可能性がありますが、公務員試験の勉強をしている方は、直前1~2週間ぐらいで十分対応できます。

その他には「作文(小論文)」「適性試験」を実施する法人がありますが、こちらも公務員試験の勉強をしている方は、十分対応できます。

もちろん筆記通過者には、面接試験があります。

内定をいただいても、公務員に合格を果たして辞退する方も多いため、面接の特徴として併願について突っ込まれる可能性があります。
また、面接官10人ぐらいの中で個別面接を行う法人も多く、それだけで緊張感があります。
日頃から緊張の中でも答えられるように訓練をしておきましょう。

過去の受験者からのデータ
 *受験当時のデータのため、試験内容、受験年齢などは変わる可能性があります。必ず各自で各法人の採用情報などで確認をするようにしてください。

◇公立学校共済組合(文部科学省文教団体職員採用試験)*29歳まで受験可能
一次試験
教養試験・作文

二次試験
適性:クレペリン

個人面接 面接官:5人 時間:15分 雰囲気:和やか
・どのような性格に見られるか
・アルバイトで特に力を入れたこと
・現在の就職活動状況  など

職員との座談会 職員:2人(男性) 時間:15分 雰囲気:和やか
・今後の試験日程の説明があり、次にESに沿って、ざっくばらんに会話をする
感じでした。

最終試験
個人面接 面接官:4人(男性) 時間:10分 雰囲気:普通
・志望動機をより詳しく
・一次試験の作文の内容について
・年齢があなたよりも下の先輩もいるが、一緒にやっていけるか
・最近気になったニュースは、なぜ気になったか

◇日本私立学校振興・共済事業団(文部科学省文教団体職員採用試験)
*29歳まで受験可能
一次試験
教養試験
作文

二次試験
適性:クレペリン

集団討論 面接官:6人 受験者:5人が2グループ 時間:50分
テーマ:3つのテーマのうち一つを選択する
「社会人として働くうえで大切だと思うこと」

◇東京大学(国立大学法人等採用試験)*30歳まで受験可能
一次試験
教養試験(40問)

二次試験
個人面接 面接官2人(男性) 時間:15分 雰囲気:普通
 ・なぜ他の大学でなく東大か
 ・アルバイトと通して学んだことは
 ・グループで何かを成し遂げた経験はあるか
 ・何か質問はあるか など

最終試験
個人面接+成果物を用いたプレゼン 
面接官4人(男性) 時間:20分 雰囲気:普通
・はじめに持参した成果物を用いて自己PR(3分)
*事前に電話で学業、サークル、趣味など何でもよいので成果物をプレゼンするようにとの連絡がありました。具体的なものでなければならないため、大変苦慮しました。
・学問に貢献したいとあるが、学問に関心を持った経緯は
・東京大学の最近の取り組みでしっていることは
・(既卒だったので)国立大学法人等採用試験は何回受験したか、結果は
・取り組んでみたい仕事は
・希望の部署に就けなかった場合どうするか


最後に注意点を2つ

1.調べすぎないこと
公益法人の話題をだすと、情報ばかりが気になり、情報の入手に相当の時間をかけている方がいます。その分、大事な公務員試験対策の学習量が減少しているわけですから、なかなか良い結果がでないのが現状です。よって勉強の合間に少しの時間で少しずつ入手するようにしましょう。

2.あくまで併願
「公益法人を本命にしたいのですが」などと相談に来る方が毎年います。本当に本命ならいいのですが、そういう相談の殆どの方は、勉強の進捗状況がよくないために、だったら公務員よりも問題がやさしくて受かりやすい公益法人を、と消極的な考えを持ってしまうようです。本当に本命だとしても、公務員を本命にして勉強をするようにしてください。公益法人は、公務員試験の対策を十分に徹底的に学習した人にとっては合格しやすいですが、そうでない人たちにとっては、もちろん合格はきびしい世界ですから。

以上です。

ホームルームのお知らせ

◇日程 10月28日(土)13:00-14:30
  *参加人数によって、多少時間を延長する場合があります。

◇校舎 東京本校

◇対象 2018年19年20年公務員試験合格目標のEYE講座を受講中の方

 
 
今回のテーマ
 
◎試験勉強会「公益法人」
EYEが公務員の併願先としてすすめている世界です。
公務員の試験制度と似ているため、負担が少なく受験することができます。
調べ方、採用情報の入手法などをアドバイします。
 
◎面接指導
今回は「コミュニーケーション」をテーマに「話す力」「聞く力」を養うためのきっかけにしてもらおうと考えています。
グループを作り、今の時点で答えられる質問を中心に面接練習を行います。
面接対策をまったく始めていない方、面接が不安な方・・・など面接を苦手に思っている受講生は、特に参加して欲しいです。
少しずつ面接に対して「不安」→「自信」へ変えていただけるような機会にしていただこうと考えています。
自己紹介(ストレス解消法を入れてください)を1分程度で考えて参加してください。
 


*東京本校または池袋校受付へ実施前日(10/27)17時までに予約をお願いします。

お悩み相談「公安職に求められる資質、一度面接で落ちたら無理?」(復活勝利アドバイス会より)

Q.公安職は、事務職とは違う資質を求められますか。一度面接で落ちたら、今後も同じ面接でも不利になりますか。

A.事務職志望の方が最初に公務員を目指そうと思った理由は、「安定」「民間は向かない」「やりたいことがわからない」「親にすすめられた」・・・というような漠然とした理由が多いです。(最初はこのような理由ですが、勉強と並行して仕事研究をし、最終的には志望先、やりたいこと、5年後、10年後、20年後・・・その職場でのイメージなどが明確になっています)

それに対して公安系を志望する方は、「悪は決して許さない」「多くの人を危険から守りたい」「交通事故にあった時に、安心させてくれた警察官のようになりたい」「震災の時にテレビから流れる消防官の必死な姿に感銘を受けた」・・・などと最初から警察官、消防士、と明確になりたい職業を決めて目指す方が多いです。
志望する理由からもわかるように「正義感」「使命感」「責任感」などを備えている方が多いです。もちろん事務職でも必要な資質ですが、事務職以上にこのような資質が求められています。

一度面接で落ちても、不利にはならないです。
過去には、警視庁を一次は合格するものの面接で上手くいかず、5回か6回目で最終合格をした方もいます。
成績開示をして、トータル点では最終合格している方よりも上回っているのに、面接だけが基準点に満たしておらず不合格・・・その後もチャレンジをし、最終合格をしました。
というように過去の合格者が不利にならないことを立証しています。

民間企業だと面接で残念という時は、再チャレンジしても無理だと思います。
でも、公務員試験は可能です。
面接は、普段の自分をだせない場合があります。緊張のため、間違った発言をしてしまう場合もあります。そういうことを改善して次の面接に挑めば、合格点をくれます。
再度チャンスを与えてくれるのも公務員試験のよいところです。

10回以上のチャレンジで消防士試験に最終合格した方がいます。
過去10回ほどの試験は、ほぼ全て一次は合格をしています。
でも、なかなか面接で評価してもらえず・・・。
この方は、過去の面接では消防士になりたい思いをホームページ、パンフレット、過去の災害のニュース、説明会で聞いたことなどから発言をしていました。
最終合格を勝ち取った面接に向けては、消防団に所属したり、普通救命の講座を受講したり・・・消防士になりたい思いを「行動」したことで発言していました。
なりたい思いを熱く伝えるには言葉の中に行動したことがいくつも入ると強くなります。
この方は行動によって熱意を立証できたから、面接官から高く評価してもらい、最終合格を勝ち取ることができました。

以上、参考にしてください。
応援しています。

お悩み相談「忙しい!」(復活勝利アドバイス会より)

Q.大学の学業で一杯一杯の状況です。しかも資格を取るための勉強もしています。公務員試験の勉強が手につかないのですが、どうしたらいいですか。

A.忙しい場合は、一日24時間からどうしようもできない時間を引き算してみましょう。

例えば、社会人の方で仕事と両立して合格している方もいます。
24時間-睡眠7時間-仕事(基本+昼休み)9時間-残業3時間=5時間
5時間も残るわけです。
その時間の1分でも1秒でも多く公務員試験の勉強にあてるためにどうしよう、と考えて取り組んでいます。

過去に社会人で月の残業だけで200時間という方がいました。一日14、5時間労働です。この方は忙しすぎるため、結局教養だけで受験できるところにしぼりましたが、約半年の勉強で3つもの試験に合格をしました。
この方は、暗記系は最初声にだして読み録音し、あとは聴いて覚えたらしいです。
この方によると、自分の声は覚えやすいといっていました。
工夫することも大事ですね。

気合いを入れ、集中力を高めて取り組みましょう。
時間が作れないので問題数は少くなくなります。でもどれだけ多くの問題に取り組んだよりも、どれだけ解けるようになったかが大事ですよね。少ない問題の中で解ける問題が増えていれば、得点力は上がっていくわけですから、質の高い学習ができています。

時間配分を決め、それを延長しないことも大事です。
例えば、17時まで大学の勉強、その後に19時まで資格の勉強、その後22時まで公務員試験の勉強というようにやるべきことの配分を決めてみましょう。
そして決めた時に延長しないことが大事です。
19時まで資格の勉強と決めた時に、中途半端に終わりそうだからもう少しやろうと延ばしてしまうと、公務員試験の勉強が少なくなってしまいます。19時と決めたら絶対に延長できないというようにしておくと、人はその時間内に何とかしたいという思いが強くなります。
そうすると、時間内を集中して取り組むため、予定通りまたはそれ以上進んでいる可能性が高いです。

以上、参考にしてください。
応援しています。

お悩み相談「人物試験で基準点以下」(復活勝利アドバイス会より)

Q.成績開示をしたら、人物試験が基準点に達しておらず不合格ということがわかりました。どうしたらいいでしょうか。

A.過去にもトータル点では最終合格した人よりも点数が上回っているのに、人物試験が基準点に満たしておらず不合格という方を何人も対応してきました。
なので、来年も受験したい場合、十分最終合格できます。安心してください。

まず、面接の状況を振り返り、質問に対してどのような回答をしたかを書き出してください。そこから基準点以下になった理由と共に、改善点が見つかってきます。

例えば、2年目で国家専門職に合格した方は、1年目の時の志望理由では
・・・の点がまだまだ国民の信用を得られない原因だと思います。私が職員になることで、解決していきたいです。
というようなことを発言しているんです。
こういう人をどう思いますか。

この人は課題を見つけて前向きに取り組む人だから素晴らしい、と思うでしょうか。

そうではないです。

今職員である面接官の方に「あなたたちのここがよくないです」と言っているようなものですよね。
しかも、あなたが仕事を選ぶ時に、よくないところを探して、よくしようと選びますか。
よいところがあるから、就職したいと思うのが一般的です。

この方は二年目、ここがよいから、さらによくしたいという内容に変えただけで最終合格を果たしました。


民間企業で人物で不採用になったら、次は無理です。
恐らくエントリシートの段階で不採用になるかと思います。

公務員試験は一年目残念でも同じ土俵に立つことができます。
面接に進んでも、昨年基準以下だからそれが影響することも考えられません。
なので自信を持って再受験をし、最終合格を勝ち取ってください。

応援しています。

ページ移動